オロナミンC

オロナミンC

オロナミンC

このページは「多様化する栄養ドリンク 」の情報コンテンツです。
オロナミンC > 多様化する栄養ドリンク

豆知識

多様化する栄養ドリンク

以前は、私たちの生活環境はおおよそどこの家庭もおなじようなものでしたが、現在では多様化が進み、個人個人での生活環境は大きく変わります。栄養ドリンクもそんな私たちのニーズに応えるために大きく変化してきています。

栄養ドリンクに求める機能の多様化

私たち消費者は、栄養ドリンクに対して、栄養補給、滋養強壮、覚醒、美容、生体調整などを求めて購入します。医薬系栄養ドリンクには、まず栄養補給、滋養強壮の効能がうたってあります。これらは医薬系栄養ドリンクのメイン機能ですが、最近では、美容や覚醒を目的として栄養ドリンクを手にする人も増えてきました。

一方の非医薬系栄養ドリンクはあくまでも食品としての機能がメインで、加えて栄養補給も目的として手に取る人が昔は多かったですが、最近では、美容や生体調整といった機能を目的として飲む人も多く、そのため栄養ドリンクの種類はどんどん増えていっています。もっとも非医薬系の栄養ドリンクでは、特定保健用食品以外は効能をうたうことができませんので、各社イメージ戦略に力を入れているようです。

世代や性別、目的で栄養ドリンクを使い分ける

かつての栄養ドリンクは、虚弱体質の人や中年男性をターゲットにした商品でしたが、オロナミンCの登場で医薬品としてではなく、清涼飲料水としても飲まれるようになり、世代や性別を超えて消費者層が広がっています。特に近年は、女性向けや子供向けなど、これまであまり飲まれなかったターゲットを想定した栄養ドリンクが続々と登場しています。医薬系の栄養ドリンクでは、肉体疲労時、病中病後、食欲不振時に飲むことを想定していますが、女性向けに妊娠授乳期に飲むものや肌が荒れたときに飲むものなど目的によって栄養ドリンクを使い分けている人も多くなっています。

原材料から目的にあった栄養ドリンクを探そう

医薬系の栄養ドリンクの原料としては、低価格帯のものはビタミン類やアミノ酸が配合されているものが多く、1,000円を超えるような高価格のものになると、生薬配合が主流になります。どれも効果効能をうたえるようにビタミンB類が含まれていて、それ以外の成分でドリンクの特徴を出しています。非医薬系栄養ドリンクでは大半にビタミンCが配合されています。消費者のニーズの多様化によって、食物繊維やオリゴ糖、鉄分、カルシウム、ベータカロチンなど特定の成分を強調した商品が多く見受けられます。医薬品系栄養ドリンクはビタミンB+α、非医薬品系はビタミンC+αという配合が多いようです。

オロナミンC 激安通販
ExecutionTime: 50 msec / Memory: 7.6 MB