オロナミンC

オロナミンC

オロナミンC

このページは「栄養ドリンクの種類と分類 」の情報コンテンツです。
オロナミンC > 栄養ドリンクの種類と分類

豆知識

栄養ドリンクの種類と分類

体調が悪いとき、仕事の前、気合いを入れたいときなど、栄養ドリンクを利用したことがあるでしょう。消費者のニーズに応じて、たくさんの商品が販売されており、とてもその数は把握できません。ただ、栄養ドリンクを利用する際に、知っておきたい区分があります。

栄養ドリンクの範囲

みなさんは栄養ドリンクを利用してるでしょうか。一口に栄養ドリンクと言っても、その種類は多種多様です。また、売っている場所も、薬局だけでなく、コンビニ、自動販売機、化粧品店でも売られています。たくさんある栄養ドリンクには滋養強壮を目的としたもの、美容を目的としたもの、オロナミンCのように特に効能について明確にしていないものなど様々です。数多くの種類がある栄養ドリンクですが、大きく二つに区分することができます。

一つは医薬系栄養ドリンク。これは薬事法のカテゴリーに含まれる栄養ドリンクです。もう一つは非医薬系栄養ドリンク。これは食品衛生法のカテゴリーに含まれる栄養ドリンクです。医薬系栄養ドリンクは薬局など認可を受けた店以外では販売できませんが(医薬部外品は可能です)、効能をうたうことができます。一方、非医薬品系栄養ドリンクは販売する場所を制限されないという強みはありますが、効能をうたうことはできません。ただし、特定保健用食品の認可をうけたものは効能書きをつけられます。

医薬系の栄養ドリンク

医薬系栄養ドリンクは、薬事法に基づいて、滋養強壮、虚弱体質、肉体疲労、病中病後、胃腸障害、栄養障害、発熱性消耗疾患、妊娠授乳期などの栄養補給という薬効をうたい文句にできます。ただし、逆に言えば、これ以外の効能をうたうことはできません。たとえば、同じ医薬品の液体のもので、風邪の初期の諸症状という薬効を記載しているものがありますが、これは栄養ドリンクではなくて、風邪薬ということになります。また、医薬系栄養ドリンクには、50ml以下のミニドリンク剤と100mlのドリンク剤があります。

非医薬系の栄養ドリンク

非医薬系栄養ドリンクは医薬系栄養ドリンクのように明確な区分けはありません。もともと消費者のニーズに応じて、医薬系栄養ドリンクから派生したものです。飲料商品には、乳清飲料、果実飲料、炭酸飲料の3つに大別することができますが、オロナミンCのような確かな効能はうたってませんが、健康を志向した飲料商品は、これらの区分に関係なく存在しています。

オロナミンC 激安通販
ExecutionTime: 339 msec / Memory: 7.6 MB