オロナミンC

オロナミンC

オロナミンC

このページは「栄養ドリンクに含まれる成分とは 」の情報コンテンツです。
オロナミンC > 栄養ドリンクに含まれる成分とは

豆知識

栄養ドリンクに含まれる成分とは

私たちが普段飲んでいる栄養ドリンクにはどのような成分が含まれているのでしょうか。栄養ドリンクに使用される成分をご紹介します。

医薬系栄養ドリンクに含まれる成分

医薬系の栄養ドリンクに含まれる成分を主に次の7つです。

ビタミン

栄養ドリンクの成分としてはもっとも基本的なものです。特にビタミンB2は栄養ドリンクの定番です。栄養ドリンクが黄色っぽいのはこのビタミンB2が含まれているからです。また、栄養ドリンクの瓶に茶色の遮光性のものが使われるのも、ビタミンB2が光に当たると分解されやすい性質を持っているためです。

アミノ酸

代表的な成分はタウリンで、リポビタンDが有名です。この成分は心臓の働きを活発にして、肝臓の機能を助ける働きがあると言われています。

グルグロン酸

肝臓の解毒作用の担う成分で、体の中にある有害物質と結合して、有害物質を解毒して排出する作用を持ちます。

生薬

漢方薬のことです。さまざまな生薬が栄養ドリンクにも使われています。よく成分表示に「~エキス」という記載がありますが、これは生薬の有効成分を抽出したことを示しています。

ミネラル

具体的には、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄分などです。私たち現代人の食生活では不足しがちな成分です。

カフェイン

コーヒーや緑茶などにも含まれるアルカロイドの一種です。中枢神経に作用して興奮させる働きがあるため、栄養ドリンクにはよく使用されます。ただし、過剰摂取は危険であり、アメリカでは清涼飲料水中のカフェイン含有量が制限されています。

アルコール

アルコールも栄養ドリンクには入っています。酒税法によってアルコールの基準濃度は1%以下と定められています。小児用の栄養ドリンクには極力アルコールを使用しないようにされているようですが、お子さんに栄養ドリンクを与えるときは注意した方がいいでしょう。

非医薬系栄養ドリンクに含まれる成分

非医薬系栄養ドリンクでも、医薬系栄養ドリンクであげた成分が含まれています。ただし、含有量の制限や一部使用が制限されているものがあります。ここでは医薬系であげた成分以外で非医薬品系栄養ドリンク含まれることが多い成分をご紹介します。

食物繊維

整腸作用や便秘防止、大腸がん予防にもつながるとして人気の高い成分です。特に女性の関心が高く、食物繊維を配合した商品は数多く出回っています。

オリゴ糖

オリゴ糖は、整腸作用のあるビフィズス菌を増殖させる機能があると言われます。食物繊維同様、便通促進、便秘予防に効果的として女性層を中心に人気のある成分です。

ベータカロチン

にんじんやかぼちゃなどの緑黄色野菜に多く含まれている成分です。体内でビタミンAに変わるので、健康志向の高い消費者に受け入れられています。また、抗酸化作用のある物質としても注目されています。

オロナミンC 激安通販
ExecutionTime: 292 msec / Memory: 7.6 MB